どんな状態でも信じて愛し続ける事で起こる奇跡を知っていますか?

先日から無農薬野菜配達をして頂いている 石崎農場さんのご紹介で

富山県高岡市にお住いの中島基樹さんのお父様とFacebookで繋がらせて頂きました。

中島基樹さんは

20才の時に心停止からの低酸素脳症と診断され、以来、遷延意識障害で療養されていましたが、

約10年後、筆談ができるようになられ、絵などの個展を開かれているそうです。(詳しくはこちら

先日繋がって頂いたばかりな私に、

基樹さんの 絵、詩が書かれたカレンダーを頂きました。

 

息子さんの回復を諦めず信じ続け、基樹さんの活動を支えておられるご両親、ほんと素晴らしいなって思います。

10年間、ずっと 意識はあったけども 体を動かすことができなかった基樹さんが

表現される絵 は 優しくて 愛を感じます。

愛を受けられたこと、自分への愛情、表す愛情。

 

感想を送らせて頂いたところ、

基樹さんからもお返事を頂きました。

 

〈僕の絵の感想を教えていただき、ありがとうございます。

僕の親は変わっています。

障害者になった僕をいいと言います。

僕にはそれがとてもうれしいです。

僕の親は口癖のように

「僕のおかげでいい人生を送っている」

と言います。

障害者として良い生き方を模索していきたいと思います。

また、感想など教えてください。〉

 

本当に、子を思う親の気持ち、素晴らしいし見習いたいなと思いました。

そしてそれを受け取り表現されている基樹さんの言葉は 色んな方の心に入ると思います。

 

本当に、

色んな状況の人がいますよね。

 

病気で もう治らない死を待つのみと言われている家族を持ったり、

 

発達障害を持ち、将来どうやって 稼いで行くんだろうと思う子がいたり、、

 

誰とは言いませんが、、

苦痛や苦労を感じても

それすら 相手を愛する力や信じる力に変換して 今自分ができる事に力を注ぎ

人生を 歩んで行きたいです。

 

基樹さんのカレンダーより。

私の好きな絵はこれ!