私ではありませんが、
身近な人の検査の結果を聞き
色々と混乱しておりました。

もう 抗がん剤もできない、
病院では何もする術がない、
病院にいても意味がないから
帰っていい。

つまり、
自宅で死を待つだけという
余命宣告を数日前 言われまして、
入院するも3日で退院。

なんて病院は冷たいんだ!と思いつつ、何か自分たちで出来ないのかと 調べまくる日々を過ごしておりました。

その中で ふっと私の心に入ってきた新しい価値観を 残しておきます。

嫌なものとしてではなく、

受け取り方で違うので。

 

*ガンは 、ガンから生まれず 、腸と血の汚染からくる 。

*根本的な原因を断つことは 、自分でしか出来ない 。

*ガンは延命装置 。

*もしガンが出来なければ 、この毒素は全身の臓器を冒し 、多臓器不全を起こし 、短期間で死に至る 。

*ガンこそが 、ガン患者を延命させている救いの女神である 。

*ガンは人間が生き延びるための延命措置能力の賜物である 。

*ガンが出来ることによって 、全身の組織は守られ 、五年 、一〇年経っても 、生きていられるのである 。。

*この汚れから全身を守るために必要があって 、やむなく 、ガンが発生しているのである

 

*断じて 、宿主 (患者本人 )を殺すために発生しているのではな

*ガンにも原因があり目的がある

 

これはこの本から。

この本は煮あずきでの奇跡のエピソードの他、ラジウム温泉での奇跡も書かれていました。

まず

あずき煮のレシピ起こしして 共有しよう。

あと、
三朝温泉 ラジウム オンドル床浴に
家族で行きたい。

 

糖質ゼロ食 まとめはこちらに作りました
この本よりです。