皆さんは、自分の体をいたわる習慣を持っていますか?

 

自分が 気持ちいいなと思い、

ついつい、またやりたくなるもので。

 

先日 成人発達の講座で聞いたことで印象的なことの一つが、

身体をケアする時間を意識的・定期的にとる事が第一ステージの発達を育てる

ということでした。

私は健常者だから発達なんて関係ない!と思ってませんか?

この事で私が思ったのは

やっぱり ひのき酵素風呂に定期的に通おう!

ということでした。

 

って事で 今回も 行ってきました。

おれんじpekoさんの酵素風呂と

今回は よもぎ蒸しも。

 

今まで 子どものためや学びのためにお金を使うことはあっても
自分をいたわる事には ほとんどお金は使ってこなかったと思うんですが

自分をケアしたり環境を整えることが発達に繋がるのなら
これは 続けたいなと思っています。

 

、、という感じで、

◯◯にいいからという情報を得ることで動くパターン、

つまり思考レベルでどうこうから 入るパターンが多かったのですが、

今回は

「身体をケアする時間を意識的・定期的にとる事が第一ステージの発達を育てる」と いう情報を得る前から 直感的に始めていた事なので

なんだか 嬉しく思いました。

 

ちゃんと 自分の体は自分に必要な事を知っているんだな♡と。

自分の体に かしこい人になりたい。
自分の体からのメッセージを受け取れる人になりたいと常々思ってましたが、
叶っているなと。

 

これは とにかく 試してやってみたから得られたことなのかもしれません。

 

なので、自分をいたわる事をしてないなーと思っている方は

自分の体をいたわる事を意識し出すと、 自分の体の声を聞きやすくなるんじゃないかなって思います。

 

 ひのきのおがくずの発酵熱だけで暖かくじんわり汗をかけ、

その後 中から温める よもぎ蒸しで また違った汗を出す。

 

あれ食べてはダメ、あれ使ってはダメではなくて、

色んなものをとっても 排出すること、出す事をしっかりすればそれでOKという考えは

優しい考えで好きです。

 

今回行ったお店

おれんじpeko

オーナーの瀧本泰子さんにインタビューさせて頂いた記事はこちら。

個性を生かした仕事人紹介・瀧本泰子さん