先日地雷の話を書いたばかりですが、
地雷を久々踏んでしまった。

たった一言で。

私は 全く意識してなかったのでびっくりである。

でも 数秘を知っていたおかげで不思議と 心は 動揺しなかった。

数秘的には
○の中で その人に叶うものは 誰一人いない。
そんな数秘の持ち主なのである。

人は大事にされないとき、
傷つけられた!と誰でも感じるものだけど
どこで傷を感じるか、誰からそう言われたらそう感じるかは人それぞれ。

その傷を知らない間 に私がつけてしまったのである。

○の怒りの中で こんな状態をみていた。

image
それはすごく感じられたので ほんと謝った。

とはいえ、
言い方、
タイミング、
態度、
コミュニケーション、
性格、

まぁ、過去に遡り、ダメだしをたくさんされた。

でも不思議な事に 私はあまり傷はついてない。

これも 私は私、

あなたはあなたと思えたからかも。

 

ただ、やばい。

でも この先どうなるだろうと不安に思う。

書かないつもりだったけど
こわー!!と思って日記に書いてしまった。

ほんと 前書いた通り、
私は 私ができることしかできないし、
こんな感じで 全く予想せず失敗するものだから仕方ない。

もうその失敗をしないようにするしか。

ただ、ほんとストレートなので 私も 色々感じたけど かなり 勉強になる。

そういえば、別の○に そんな風に言われて ムカついてる(悲しんでる)私がいたなぁと
自分に重ねていた。

そんな時、私はどう伝えてる?って。

私は そんな風にいうことはなく普通なら我慢してしまうタイプ。
だから そう素直に言える○が、実に新鮮。
自分の感情に素直に生きてるから。

自分のイヤに正直。

でも私も同じタイプなら おそらくここまでうまくは行かなかったんだし、
それはそれでよかったと思っておく。

やっぱり 自分にうつる あの人は自分のある部分をうつす鏡なのだなぁ、
色々と気づきをもらえるんだなぁと思う。

でもね、こわいよー!!

 

 

時間の解決を待つしかないー。

大丈夫さ。

(お、ソウルの声。)

 

ってことで、地雷を踏んだ時に心を支えてくれたもの。

私の場合は、数秘と ソウル(自己内対話)が役立ったようでした。

それって人それぞれだと思うけども。

こんな ときの自分の戻り方を身につけておくのは いいかもしれません。

 

よかったら押してね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク