今、離れているところにいる家族へ ミネラル水を差し入れしています。

 

調べまくった結果、今家族のためにできることは

ビワの葉こんにゃく温湿布と

このミネラル水だけと思ったからです。

 

息子達からのメッセージを毎朝貼っています。

水はちゃんと思いが伝わるんです。それを信じて届けています。

 

ミネラルってなに?

ミネラルとは 酸素、水素、炭素、窒素以外の元素の事で100種類ほど存在しています。

元素って
昔、理科で習いましたよね♫

すいへーりーべーぼくのふね、、、
あれです。

 

その100種類の中でも

厚生労働省から これ以上取るのが望ましいと定められているミネラルが13種類あるのはご存知でした?

その摂取基準が定められたミネラル13種類の中でも体内に多く存在するものを
主要ミネラルと言います。

主要ミネラル

カルシウム
リン
カリウム
ナトリウム
マグネシウム

割とよく聞きますよね。

 

またごくわずかしか存在しない8種類を微量ミネラルと言います。

 

微量ミネラル


亜鉛

マンガン
ヨウ素
セレン
モリブデン
クロム

 

ミネラルは 体内の約5%に存在しています。
体内で作る事ができないため食品から補う必要があります。

ミネラルは
体だけでなく心にも作用しています。

出雲にある放課後児童ディサービスでは ミネラル補給により

子ども達がどんどん落ち着いてくるという効果が出てきているそうです。

ミネラルのことについて、勉強のアウトプットと共に記事にしていこうと思います。