大人も発達する (原始反射統合)

2日目の講座内容まとめと覚え書きです。

健常者だから「発達」なんて関係ない?

発達と聞いて 私は(健常者だから)関係ない!(他人事)と

思われる方が多数のようです。

人間現状維持が一番楽ですし、そもそもそういう風に作られています。

(ホメオスタシス:恒常性、一定に保つ働きが備わっています)

 

 

発達ステージがあがるとどうなるのか

発達とは 環境適応能力のこと。

つまり 生きやすさが増すということ。

発達は子どもだけかするものではなく、大人もしていきますし
人は生涯発達していく能力を備えているですよー(^^)

もし今生きづらさを感じているなら 発達する事でそれが解決されるかもしれません。

発達を「自分事」として考える人が増えれば

平和になるという灰ちゃんの考えにすごく共感します。

 

また、発達するということは

人への影響力が大きくなります。
また可能性が広がります。

※ただし、幸せになる道とは別で
 ステージクリア毎に新たな試練や葛藤が待っているので覚悟が必要。

  でも 現状維持を望むならそれはそれでOK。

 必ずしも発達しなければいけないのではなくそういう人生もOK

 

でも私は発達していきたい。

人に伝えたいことがあるので。

ちゃんと自分の言葉が伝わる人になりたいです。

文章では伝えていますが話し言葉ではまだまだ弱いです。

何かの場で自分の意見を言うというのにとっても勇気がいりますし

言いたいことも半分も話せません。

コーチングは一対一なので その辺大丈夫なのですが。

 

どんなステージがあるの?どうやってクリアするの?

どのような過程で発達し、どんな事をすれば発達ステージをクリアできるのかを学びました。
その中でも 私が取り入れていきたいなと思った事を書いてみます。

第1ステージ 体の自由を手に入れる

・原始反射統合のためのしっくりくるものを見つけ取り組む
・身体をケアする時間を意識的・定期的にとる

第2ステージ 情動の発達(自己基盤)

※幼い頃の満たされない感情(ニーズ)は一生残るが
いつからでも 満たす事ができるようです。

・ニーズに気づきニーズを満たす 

(私の場合こういった発信がニーズを満たしているような)

・感情のみで 人に伝える機会を増やす

 

第3ステージ 思考の発達

 ・他者目線ではどうか?を考えてみる

 

第4ステージ 意思の発達 自分軸

・発達支援コーチでの遊びももっと真剣に遊ぶ
・圧倒的に魅力的な人になる

・自分なりの言葉の定義を作る

第5ステージ 魂の発達 私もあなたも皆繋がっている(ワンピース)

・瞑想
・魂の声を聞く
・人に知らせず良い事をする

※灰ちゃんがこのステージはワンピースみたいな感じと言われていてめちゃめちゃ嬉しい感じ!そうなのね!!みたいな

 

そして、私 は原始反射が残っており

第1ステージでまだ発達課題があります(笑)

第2ステージでも 感情のみで人に何かを伝えることの難しさを

体感するワークがありました。
そういえば感情出さないで話す事多いかも?

第3ステージでは 自分のアピールポイントを

他者にわかってもらうには?というのを考えるワークをし
言い切りが足りないというフィードバックを頂きました。

第4ステージでは
自分のことばで伝えるワークをしてみて出てこないのもあるのがわかり

第5ステージでは
やっている事もあるけど
他のステージの抜けがあるからか
しっくり来てない面があるだなと
理解。

 

こちらも発達しろたくさんあります。
まずは 身体の発達から 今年はやってきます。

発達していくことで出会う新しい私に出会うこと、新しい世界が見えることを想像するとワクワクです(^^)

そして それを目指す人たちと仲間作りをしていきたい、そういう人を増やしたいんだと改めて気づきました。