先日から富山で
発達支援コーチ上級講座がありました。

4年前に受けた初級から始まりもう時間が経ちましたが、
私は 現在の私はこんな感じ。

 

・雑談できる場とできない場がある。

・質問された事にしか答えない場がある。

・基本、質問で固まりやすい。

・会話が止まりやすい。(一人思考に入って色々考えてる)

 

・ここぞという時の 一歩がでない。

・寝ながら 書くと さらっと言える。

・リラックス状態で 書くとスラスラ自分の言葉が出てくる。

・声かけのタイミングが苦手。

 

まーー、
コミュニケーションが苦手なタイプです。

基本、人と関わるの好きなんだけど怖いが勝る感じ。

色んなこと考えて動けずフリーズ。

 

これって、
恐怖麻痺反射が ほんと 強くて
すぐそのモードに入っちゃうんだなって事が
すごく自覚しました。

 

そして、恐怖麻痺反射残存な私は以降の 原始反射のパレード状態。

前も感じてたけど やっぱりまだ 頑張って 体を動かしていて
楽に動かしていないのも実感しました。

 

でも 今回の上級講座でのセッションやりあいっこを通して
恐怖麻痺反射モードから
出るヒントがもらえました。

セッションしあいっこで、これらの事が解決するのを実感できたんです!!

これ、ほんと大きいです。

 

帰ってからセルフでやってもその時の記憶が生きて同じように 統合するの感じられます。

また、
私が コーチングにはまる理由として、

井戸端会議のような
いわゆる女子が得意とする
コミュニケーションが苦手な私でも
一対一で話すのはとても好き。

テーマや目的があって話すのはとても好き。

その辺も 自分の特徴を生かしての選択だったんだなと ほんと思います。

 

今回の講座では 受講生や 講師の灰谷孝さんも 深く深く自分を掘り下げ
中には苦しさを感じられる場もありいました。

でもそれも うまーく解決。

私も 前回(1日目、2日目)受けた後に 人と自分との比較が始まりとても 落ちてしまいました。

でも 今回(3日目、4日目)は
とにかく 心地よかった。

そして、リラックス状態の大切さを肌で味わった感じ。

今回は周りで何があっても 大丈夫、なんとかなる、と信頼感に包まれていました。

 

恐怖麻痺反射は 子宮内での反射。
これの統合のために
安心、安全、心地よいを
ほんと たくさん味わおうと思いました。

 

そして、
今回は 勇気を出してお願いしてみたところ
快くokして頂いた灰ちゃんのインタビューさせて頂き、これも おいおいアップしたいと思います。