私の夢、
「発達支援コーチの考えを取り入れつつ
食育に力を入れて 身体から
生き辛さを緩和する
放課後ディサービスを作ること!」

を旦那に伝えてみました。

結婚記念日間近に
二人で食事に行くんで、
今回こそ!と思って、、

すると、

まぁ、見事に撃沈!

旦那は 介護の現場にいるので
色んな情報に詳しく、、

「無理無理!

今から 子どもどんどん減ってくのに
経営うまく行かんぞ!!

老人のディサービスすら 小さいところは経営出来ず潰れていってるんやぞ!」

とごもっともな意見。

 

まぁ、反対されるのは想定内なので
旦那に言えた事が第一歩!

前の記事にあるように
あんまり ガツンとしたショックは来てません。

旦那は旦那の考え、
わたしは私の考えあるもんね。

一応 定年退職後に、と話し始めたので どちらかというと アドバイス的にダメ!という意見。

そして 旦那としては、
安定が1番と思っていることも再認識。

違うなぁ〜
子ども達から手が離れるまでに
考えの擦り合わせをしていきたいっ

 

って事で結婚記念日の

間近ってことで 旦那おごりで食べた焼肉はこちら〜

 

 

無料配布のセルフマガジン 

「思春期を迎える前にできること 発達障害の子の二次障害予防、回復にも!」「パラレルワークのはじめ方、続け方」
絶賛予約受付中です。

こちらからどうぞ〜