発達障害の診断。子どものために動きたいでも何をしていいかわからないという親御さんへ

今やたくさんの情報があります。

ABA、TEACCH、ST、OT、SST、

エジソンアインシュタイン、四谷学園、

キレーション、オキシトシン、

タッチング、感覚統合、

IMトレーニング、原始反射統合・・・

 

どれを信じたらいいんだろうか?

どれもやってみたいけど 予算がない。

時間的に難しい。

地域的に受けられない。

子どもの可能性を広げるために今出来ることをしたいって思うけどどうしていいかわからない。

たくさんもがき、たくさん失敗し、自分自身も体調を崩すほど
やり過ぎた私だから言えることがある。

子どもはお母さんを欲してるけど、
実はお母さんも子どもさんの存在は お母さん自身の癒しになる。

助けてるようで助けられてる。

そこを 頭だけでなくて実感していくと 不思議と 子どもさんは 変わっていく。

 

今のお母さん達は
社会的背景からの焦りや 自分自身の仕事で
自分をないがしろにしがちなところ、ないかな?

もちろん、私も含めて。

そこをたまに おっといけない と軌道修正しながら 自分も子どももニコニコになる方法が
その親子に 一番あった方法なんだと思う。

人は 本当に 見えないもので 影響し合って生きているから。

image

[ad#co-1]


Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive