大宮の鉄道博物館なども人気だと思いますが
今回は 鉄道として使われていた路線上にある、レトロな感じで 体験が満載のこちらをご紹介します。

碓氷峠鉄道文化むら
です。

ホームページはこちら

 

概要はホームページに載っているので
それ以外の事をメインで書いていきます。

どこにあるの?

群馬県安中市

近くには妙義山もあります。

image

妙義山、碓氷峠といえば
思い浮かぶのは頭文字D。

 

こちらを好きな方はストーリーで出てくるカーブ、スタート地点などの観光もいいかもしれません。

(ただし、現在は攻めの走りは出来ない路線となっています。)

鉄道文化むらのすぐ近くには峠の釜めし屋さんの本店もありますよ〜。

image 

image

料金

入場料
小学生以下 無料
小学生 400円
中学生以上 500円

ですが、中の ミニ鉄道、園内アプト式鉄道、運転シミュレーターなどは別料金となります。

これが結構 高いかな(^_^;)

見どころ

実際に 使っていた鉄道で 今では廃線となったアプト式車両 が 走るところ。

この車両が走り、乗れます。

 image 

撮り鉄の方もいらっしゃってました。

IMG_1021

動画です↑

碓氷峠は険しいため 横川で アプト式の車両を連結して峠を越えたそう。

image

ギザギザのレール

image

その車両にて 軽井沢方面の 2つめの駅まで行くことができます。
※軽井沢までは行かない。
※2つ目の駅では温泉あり。

長野新幹線開通に伴い 廃線となってしまった鉄道が、こんな感じで観光で利用されるのは
鉄道ファンには嬉しいですね。

駅の様子

image

 

トロッコ運行時間image

 

屋外にたくさんの車両たち

 以前活躍していた車両のは中をそれぞれ見ることができます。

D51 (デゴイチ)の蒸気機関など

 

image

 

image image

 

 

 

 

 

 

手動連結機 やり放題

何やら特殊らしく 説明して下さりました。

image

IMG_1015

↑連結機いじってる様子

手こぎトロッコ 一回100円

image

 

imageimage

 

いかがでしたか?

最新の鉄道博物館とはまた別の魅力がたくさんでした。
今年の夏には 夏フェスもあるらしいですよ。

image

[ad#co-1]


Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive