免疫力を下げないコツについて
お聞きしましたよー。

夏場でも お風呂に入る

夏場はシャワーになりがちですが、

お風呂につかることのよさは

たくさんあります。

・冷房で冷えたカラダを温めてくれる効果

・ぬるめのお湯につかることでのリラックス効果(ここで オススメのアロマのレシピはこれ

・ある温度のお風呂に毎日入れば

ガン細胞も死滅とも聞きます

 

かぼちゃなどの陽のものを食べる

食べ物には 陰と陽が存在して

偏りすぎないのがいいのですが、

夏場は 暑い!ってことでついつい

冷たいものをとりがち。

 

夏に取れる野菜、ナスやトマトなどや、

南国で取れるバナナなども。

カラダを冷やす役割があります。

 

一方、根菜類は カラダを温める効果があります。

というわけで夏にもかぼちゃを!

 

深い睡眠

深く眠れると 身体の中の 免疫細胞が

働けるんだそう。

逆に 浅い睡眠だと 働いてくれないので

病気になりやすくなってしまいます。

ちなみに、ショートスリーパーという

いわゆる短時間睡眠でOKの人もいるので

何がなんでも ◯◯時間寝ないとダメ!

というのもないみたい。

ショートスリーパーは 少食。

食べたあと消化するためにも

エネルギーを使ってますが

それが少しでいいってことは

睡眠も多少短くてもOKになるのだとか。

密かにこれ、目指してます(笑)

 

ストレスを手放すこと

ストレスなしで過ごすというのは

現代では難しいですし

ストレスは 上手に使えば

悪いものではないです。

 

でもそれをずっと持ち続けることは

身体の免疫細胞が

働かない状態になってしまいます。

 

あなたの ストレスを手放すワークなど

もやっています。

 

 

 ★無料配布のセルフマガジン 

「パラレルワークのはじめ方、続け方」
予約受付中です。

こちらからどうぞ〜

スポンサーリンク