リングピロー専門店として
起業してから6年やってこられて

必要だと学ばれた3つのことと
現在職場でやっておられる働き方改革の取り組みのご紹介でした。

起業して必要だった3つのこと

 

諦めない

空気を読むのは半分だけ

興味をもってもらう方法

ということ。
どれもご本人が、やってこられていることなのでとても説得力がありました。

 

この中でも私が印象的だったのは

私なんて場違いだ、
とかいう
「私なんて」をやめる、
空気を読みすぎるのをやめる

ということでした。

右も左もわからない状態から
場違いじゃないか、、
それを感じながらも
貪欲に 学びたい!を
突き詰められて来られたからこその今なんだなということが伝わってきました。

 

そして、もう一つ、これは私、やらなくちゃと思ったのが、

興味を持ってもらうこととして笹倉さんが気をつけられていることの一つ

思います

という口癖をやめること。

「思います」

では 伝わらない。

これ、会社の上司にも わたし言われたことあったのですが、その時はまるで受け止められなかった。

でも
なぜ言わない方がいいか、こういうお話を聞くとすんなり入りました。

もちろん、
思います を使った場面や人もあるんだけども
いつもいつも 思いますが 口癖になってるかもしれない私。

これは見直すべきだなと思ったのです。

 

取り組んでおられる働き方改革の紹介

お話きいて、
ああ、働きたい!
と思うほど(笑)

みんなのよさを知り、違いを知り、認め合い、チームとして 成り立つ。

私は できない子なんです!
と笹倉さんはおっしゃいますが
ほんと、皆さんがフォローされる仕組み作りを作られ素晴らしいなと。

そうするための具体例も紹介して頂きました。

強み発掘の
ストレングスファインダー

というツールを使って メンバーの違いや得意なことをみんなで共有されているそうです。

というわけで

この本、私も購入しました。

これでわかった私の強みベスト5は

収集心
親密性
戦略性
最上志向
運命思考

でした。
わかるなーと自分でも思います。
チーム組むとき生かしたい。