当時の女性としては
珍しく技術系の仕事を
させてもらっていて
現場工事に関わる計画を
させてもらっていました。

なので
仕事がおもしろく、
やりがいがあり、
私にとってかなり
優先順位が高く、
残業も当たり前でやっていたので
急な長期入院の宣告は
頭が真っ白になりました。

あれどうしよう、
これまだ出来てない。
うう、どうしよう!

図面を書いたり、
計算書を作ったりして
工事がスムーズに行くように
計画を立て、準備をする仕事です。

私の長期入院がわかった時
もうある工事が始まる
間際だったと思います。

でも、
仕事のこと、さんざ心配しましたが、
私がいなくても ちゃんと 回るんだ!
ということを経験しました(笑)

というか、
職場って

仕事をしてあげてるんじゃなくて
仕事を与えてもらってた場所
なんだなぁと
今なら思えます。

当時は 私がなんとかしなきゃ、
私がいないと!みたいに
思ってたけど
周りのみんなが
私に合うようにと考えて
仕事を与えてもらってたんだなと。

自分のやらなきゃいけないことなんて
この世の中に実は何一つない!!

そんな言葉を最近聞きましたが、
まさにこれですね。

 

やらなきゃいけないって思うのは、実は 思い込みなんだなぁと。

 

 

ブレインジムを通してなりたい自分へ

絶賛発達中のルフィめぐみの

応援よろしくお願いします ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク